ピジョン奨学財団 奨学生インタビュー
記事一覧

患者さんの隣に立ち、共に歩む産科医に

タカセさんポートレート 髙瀬布未果さん 筑波大学 5年

−−医師を志した理由は?

もともと、「人のためになる仕事、特に人が辛い思いをしているときに寄り添うことができるような仕事をしたい」という思いがありました。また、企画をすることも好きなので行政などの仕事を考えた時期もありました。しかし、相手に自分の思い・行動を直接届けることができるのが、現場の医療の良さであると気付きました。病気になったり、体調に異変があったりして、つらいとき、心が弱ってしまったときに隣で寄り添えるような医師になりたいと思いました。 気持ちを語るタカセさん

−−将来、進みたい方向は?

産科に進みたいと考えています。きっかけは、5年生になって病院での選択実習が始まり、産科での実習にもっとも感銘を受けたことです。 実習では、さまざまな問題を抱えながら新しい命を守ろうとする姿、エコーに映った赤ちゃんを見て幸せそうに微笑む姿、帝王切開で期待と不安が入り混じりながらも挑んでいく姿…たくさんの妊婦さんの姿を見させていただきました。出産は女性にとって本当に大変なことですが、出産後の満ち足りた幸せそうな表情は、忘れられません。そして、お母さんとなった女性に、心から「おめでとうございます」と言える、素晴らしい職業だと感じました。

−−どんな医師になりたいですか?

出産はスムーズに進むことばかりではありませんし、産科医として難しい判断をしなければならないこともあると思います。ですが、赤ちゃんという新しい命を授かろうとしている女性の不安や戸惑いに寄り添い、楽しみな気持ちも共有しながら、隣で一緒に歩いていけるような産科医になりたいです。 笑顔のタカセさん

−−ピジョン奨学財団の奨学生として

奨学生で集まる機会が年に2度あり、他大の学生や先生と話す機会はふだんあまりないので、とても刺激になります。学生同士で情報交換すると、これからも頑張っていこうと勉強へのモチベーションがアップしますし、産科や小児科や新生児科の先生から医師としての体験談などを聞いて、「絶対に産科医になりたい!」と決意が固まりました。 (インタビュー日:2017年12月17日)